ブログ

2022.06.01

重整備その3

 エンジンを下ろし、バルブのところまで開けて原因がほぼわかりました。

3番インテークのロッカーアームがピボットから外れていました。

こんなことはあるのでしょうか

また、4番には異物が・・・

サーキットで走ったこともあるようで、クラッチは熱で錆び付いているようです。

このタイミングでTRDの強化クラッチをインストール、エンジンを下ろしたタイミングでのクラッチ交換は効率的です。

そして運命のエンジン組み込み・・・

台車の木の位置、台車のタイヤの位置、工場長があらかじめバミってました。

位置を確認しながらボディーを下ろしていきます。

緊張の瞬間です。

無事に収まりました。

これからエンジンの試運転に向けて補機類取り付けしていきます。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«6月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

ブログ内検索

 サービス案内